RSS | ATOM | SEARCH
米価格高騰
  3月27日の日本農業新聞の記事によると、アジア各地で記録的な
干ばつにより、米が大減収らしいです。

 世界最大の米輸入国であるフィリピンでは、100年に一度の水不足
でさらに輸入依存が高まり、これをうけて最大の輸出国であるタイの
バンコク市場では、米価格が暴騰している。

 この記事を読んで、日本では米が余っているのに何とかならない
物かと、さらに記事を読み進んでいくと、暴騰した米価格は1kg54円だそうです。
日本では農家は安い安いといいながら農協の買い取り価格は1kgー200円程、
市場価格は1kgー250〜300円程です。

穀物類の世界的な相場に対して、日本の穀物価格は数倍も高いようです。
この安い穀物相場に支えられて日本の酪農や養鶏・養豚が成り立っています。

オーストラリアやアメリカで大干ばつになり、コーンの相場が数倍に
跳ね上がったら・・・・・。日本の酪農は壊滅的な打撃を受け、先物取引
で一部商社が大もうけするのでしょうか。





 


author:柚子マイスター, category:農業, 15:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://yuzu-nouen.jugem.jp/trackback/53