RSS | ATOM | SEARCH
新人戦
 6日日曜日は中学剣道新人戦の応援に行ってました。
土佐町中は、男女団体とも第3位で四国大会出場となりました。

新人戦2.jpg


新人戦1.jpg


この子たちは、ほとんどが少年剣道出身者で小学1年生から
指導してきた子たちです。その子が大規模校や私立の強豪校相手に
堂々とした戦いを挑み、上位まで勝ち上がって来ました。

特に印象的だったのは、県内では常勝、全国優勝も視野にいれて
全国から能力の高い子供が集まるM徳義塾中学に、中盤までリード
し最終的には惜しくも敗戦となりましたが、堂々とした戦いでした。

相手を見ると、少年剣道で全国優勝したメンバーがずらりとならんでいます、

相手は百戦錬磨、華麗な技術、戦術。こちらは愚直に淡々と基本打ちを
積み上げる稽古をしているだけですから、小学生時代にはまるで相手に
されませんでした。しかし、その選手から勝利した子もおりました。

目先の勝利にこだわらず地道に基本を積み上げていれば、いずれは
結果がでてくるんだと思います。逆に器用なテクニックで、小学時代
は県内優勝を重ねたチームの子供が伸びてないのにも驚きました。


子供に教えられた一日でした。



author:柚子マイスター, category:剣道, 08:27
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
なんだかジ〜ンときますね
強い相手だと、つい仕方ないし・・とい気持ちもでてきますしこちらも仕方ないの気持ちで見ていしがちですが、基本をやってきたんだからと強い気持ちが出てるんでしょうね。小学生時代の指導の仕方がよかったんじゃあないですか?
負けても、良い試合というのは大切ですよね
ドルチェかがみまま, 2011/02/13 9:17 AM









Trackback
url: http://yuzu-nouen.jugem.jp/trackback/147