RSS | ATOM | SEARCH
収穫
 今年も柚子の収穫の時期が来ました、連日農園に出かけて
頑張って収穫しております。
 私は何かと多忙で中々農園には行けませんが、今年は大豊作
で玉の出来も良いようです。

 ○○○のOK内君からご注文をいただき、とあるパティシエ
に納める柚子玉の選別しております。
今収穫しているのは無農薬の畑ですが、なかなかの出来です。
日当たりを良くして、お日様消毒は有効のようです。



author:柚子マイスター, category:柚子について, 09:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
研究課題
  昨年より高知大学の土佐FBCの授業に2年間の予定で受講しております。昨年は座学をみっちりやって、数十年ぶりに有機化学や化学実験、レポート提出をしました。大学の授業は新鮮で楽しいです。

 常に感じるのは、学生時代にもっとしっかり勉強しておけば良かった、という事です。でも学ぶのに遅すぎることは無いと思って、がんばっております。

 2年目の今年は、課題研究をやっています。内容は柚子果汁の品質管理に関する基礎実験で、タイトルは

「柚子果汁の品質劣化因子の解明と品質管理指標の研究」です。

農学部の若き研究者のY博士のご指導の元、がんばります。




author:柚子マイスター, category:柚子について, 10:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
有機農業勉強会
  昨夜は本山で開催された、有機農業勉強会に行ってました。講師はジャパンバイオファームの代表者で農文協に「有機栽培の基礎と実際」等の著書がある著名な先生でした。

 会場いっぱいの受講生は年齢層も幅広く、この地域の有機農業への関心の高さが伺えます。この地域の有名な有機農家の○下さんも、もちろん参加されておりました。

 話の内容は、植物の生理を有機化学で説明する内容で、まるでFBCの授業を聞いているようでした。有機農業に対する見方が変わりました。これまでの植物生理を根本から覆す新理論であるという所は、植物学者の反論も聞いてみたい所です。
 成功事例では、路地で反500万の売り上げがある農家がいるそうですが、皆が出来る事ではない事を、会場に詰めかけていた、若い新規就農者には理解してもらいたいです。

「たった30日間でこんなに発毛しました、これまでの理論を覆す、驚異の発毛剤 ‼」
特に意味はありません^^)







author:柚子マイスター, category:柚子について, 09:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark