RSS | ATOM | SEARCH
卒業式
 1月29日は息子の高校の卒業式に行ってました。

この前入学したと思ったら、もう卒業です、3年間はあっという間
でした。私も同じ高校を33年前に卒業しました。

卒業1.jpg

あの頃と比べて今の高校生はまじめというか、とても純真な印象
を受けました。男の子でも涙を流しています。
卒業2.jpg

 私たちの頃は、これから景気が良くなってバブルに向かう
真っ最中でしたので、ともかく都会に出てひとやま当ててやる
というような野心のある生徒が多かったような気がします。
就職も大学を出ていれば、えり好みしなければ、いくらでもありました。

 今の子供たちは最悪の不景気のまっただ中で、少しでもまじめに
かたい仕事に就きたいという感じですし、親もそう願います。

 卒業生の答辞で印象的だったのは、柔道部の女子の子でしたが、
柔道が嫌になって半年くらい稽古に出なかったけど、顧問や
部員が黙って待っていてくれて、半年後に復帰して最後まで
やり遂げた、という話でした。(ちなみにこの子は高知大学の医学部
に合格しております。)

「歩いてて嫌になれば立ち止まってもいい、でもあきらめないでいつか再び
歩き出して欲しい」という言葉が印象的でした。

大人でも見習うべき言葉ですね。

大学でも頑張って欲しいものです。


author:柚子マイスター, category:成長, 08:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark